ポケカのはとば

PTCGO(ポケモンカードオンライン)、海外ポケカについてのブログです。

ヒオリエのビッグフェイスタオルを買った話

フェイスタオルとバスタオルを別々にすることが馬鹿々々しくなっていた今日この頃. バスタオルを買い替えることを機にフェイス・バス兼用で使える丁度良いタオルを探していた.

そんな時に見つけたのがヒオリエの『 ホテルスタイル ビッグフェイスタオル 』. 諦めて普通のフェイスタオルでいいやと思っていたが, 楽天にてお試しキャンペーンでお安く買える(2枚まで・送料無料)みたいだったのダメもとで購入し使ってみた.

○○がスゴイ!!みたいな特筆すべき点は特になかったがしっかり作られたタオルだということは感じられた. ホテルスタイルタオルということでフワフワ感はそれ程なものの肌触りは上々で体や顔を拭くときに嫌な感じはしなかったし, 吸水率も男一人の体を拭く分には十分なものだった.

それに加えて乾き易いのも高評価. 厚すぎず薄すぎない, まさにフェイスタオルとバスタオルの中間点の良いとこどりでとても満足した.後はどれぐらい質感が持つか, 耐久性問題がクリア出来ればリピートするかな.

ついでに言うとカラーバリエーションも豊富(限定季節色もアリ)で嬉しい人にとっては嬉しいだろう. 僕はタオルは白一択の人間なので関係ないが……

 

本来であればすぐに追加購入し, 必要数を買い揃えたいところだが, 少し前に買ったセブンイレブンのフェイスタオル『極ふわ』があるので少し我慢(我慢といっても『極ふわ』の品質も良く, かなりコスパは良く好き).

 

タオルを分けて使う無駄を省きたい方やタオルを買い替えようと考えている方はチェックしてみると良いかもしれない. 2020/01/19現在ではお試しキャンペーンはまだやってたので(1枚680円)

楽天通販URL:https://item.rakuten.co.jp/toucher-home/10000264/

 

あぁ~PTCGO関連で何かネタねぇかなぁ~

モジャンボのすゝめ(Standard:UPR~CEC)

▼デッキレシピ

デッキコード:Sppy3y-kapIbx-ypMyyp

・使用した経緯

現Standard環境のトップメタと言えば『ミュウミュウ系統』. 『三神系統』. 『ピカゼク』, 『サナニンフ(TAG + オムスター)』, 『ガブギラ』, 『ピカゼク』, 『レシリザ』, 『コントロール系統』, 『小ズガ』『ギラマネロ』あたり.

➡非GX, EXポケモンであればサイドレースが有利になりやすい(TAG TEAM GXが中心のため)

非GX, EXポケモンであるモジャンボは, 小ズガ, ギラマネロ同様に安定してTAG TEAM GXを2パン出来る.

➡実際に海外大会で結果を残す.➡ほんとかぁ?と思い使ってみる.

・感想

ミュウミュウや三神といった素直なデッキに対してはかなり強いデッキであるように感じた(サイドレースの関係上当たり前っちゃ当たり前). ただ, TAG + オムスターみたいなのには回復札等あり最低限の火力しか出せないモジャンボでは厳しく, コントロール等に対しても不利と何とも言えない立ち位置. 有利な相手と不利な相手が明白なのがデメリット. 不利なデッキが数の多さは別にして大会に数人使用するデッキであることを踏まえてもトーナメント向きではないと感じた(非GXを使いたいなら小ズガやギラマネロが丸い). 

ファンデッキとしては, そこそこやりおる部類. しかし, 進化ポケモン主体のデッキに対してアブソルが無力なため, 有効な打点が存在しないことからファンデッキ同士の対決になるとイマイチな印象を受けるかも.

鋼が草抵抗になることもあり次の環境では難しいと予想しているので, 今のうちに使っておくことをおススメします. こんなブログ読んだことだしさ.

 

 

・各カード採用理由

モジャンボライン

メインアタッカー. 当然フル投入. 

ジラーチ

序盤, 終盤スキがない. 絶対仕事をする. 4枚あっても良いかも.

・アブソル

モジャンボの火力補助がメインの仕事だが, 猫も杓子もジラーチを採用しているため1粒で2度おいしい.

マーシャドー

海外勢のレシピを参考にしたため採用しているが, 正直そんなにいらない. PTCGOのVS戦では環境デッキとさほどマッチングしないため検証不足. うねりの鬱陶しさが気にならなければジラーチに変えても良き.

・ミュウ

ベンチバリア

ミミッキュ

祠と一緒にミュウミュウGXやゼラオラGXを止める. モジャンボの火力は逃げエネの数を参照するため, ゼラオラGXで逃げエネを無くされると10点しか出ません.

・フェロマッシTAG TEAM GX

未だまともな活躍無し. モジャンボのサイド落ちが酷い時にアタッカーとして使ったぐらい. カスタムキャッチャーではなく, グレートキャッチャー採用のためGX技も決めづらい.

ネットボール, ポケモン通信, ポケモンいれかえ, リセットスタンプ, エスケープボード

特にいう事なし.

・グレートキャッチャー

非GXの環境デッキを見てみると『コントロール系』『小ズガ』『ギラマネロ』が存在する. コントロールに対してはカスタムキャッチャーをフル投入しようが勝ち目がなく, 小ズガに対しては火力・進化の有無から攻めのテンポにおいて遅れをとるためキャッチャーの種類に関係無く不利. ギラマネロに対してはカスタムキャッチャーが欲しくなるといった感じ.

総合すると, グレートキャッチャーの方が良い(デッキ枠を圧迫しないことも評価点).

・戒めの祠

打点補強とミミッキュとの特性ロック

・サポート

始めは, リーリエ, シロナ共に4枚づつで使用していたが, 初ターンに使うサポートとしてどちらも信頼出来なかった(初手の手札の配牌に左右されやすいため). 特にリーリエは終盤での使いにくさも目についた.

それならばいっそのこと初ターンに使用すれば確実に強いカードをと思い, オーキドを採用した. 必要なポケモンのタイプがいい感じに分かれており,使用感はほとんどアズサと同じで感触は良かった.

 

 

フラージェスドールを使ってみて(UlP~CoE期)

注意

海外スタンダード(≒日本でいうAレギュ落ち)です。

▼レシピ

f:id:UishiRo:20191123204553p:plainピジョンコントロールとの違い

  • ハメパターン(ロックの要求枚数の差)

 フラージェスドールの場合は、ピッピ人形をひたすら出し続けるのに対し、ピジョコンの場合は、相手の手札を0枚にした状態で、ザクザクピッケルによる山札操作を行うことで疑似的なロック状態を作り出す。

 この時、ロック完成までに必要なカードの枚数(ピジョンフラージェスを除く)は、フラージェスドールではピッピ人形が2枚か逃げる0のポケモンとピッピ人形の最低2枚であるのに対し、ピジョコンの場合、リセットスタンプ、ムサシコジロウ、カスタムキャッチャー×2、ザクザクピッケルの5枚である。フラージェスが2進化ポケモンであることを考慮してもこの差は大きい。

 フラージェスドール、ピジョコンのどちらもウツギ博士のレクチャーによって盤面を揃え始める。ピジョンは1進化かつHP60のポケモンであるから、ポッポと一緒にウツギ博士のレクチャーで持ってくることが出来る。一方で、フラージェスは2進化ポケモンであるからふしぎなアメのサポートが必要であり、ウツギ博士の恩恵も受けられない。

  • 山破壊速度

 フラージジェスドールでは、自身の山札を回復する術がフラージェスとゴンべの特性であるため、確実に自身の山札切れを回避することは出来ない。ピジョコンではヤレユータンによって確実に山札を回復することが出来る。つまり、ピジョコンではジュジュべハチクマンで積極的にLOに持ち込むことが出来る。

 しかし、この差はあまり重要なことではないと感じた。なぜなら、フラージェスドールとピジョコンは根本的にデッキタイプが異なる(と思う)からだ。

 フラージェスドールは、ピッピ人形で相手がサイドを獲ることを防ぐ。カスタムキャッチャーよりグレートキャッチャーが優先される現環境において、ピッピ人形を出し続けることが出来れば相手がドローソースを引こうがエネルギーを引こうが大きな問題では無い。ホエルオーLOやショックロックに近い『受けきるデッキ』であるが、ピッピ人形のようなサイドを獲られない壁役のいないピジョコンは、ハンデス、山札操作を行うことからもわかるように相手が何を引くのかが非常に重要なことである。そのためザクザクピッケルで山札操作をするだけでなく、ジュジュべハチクマンを使うことで相手の選択肢を削りつつも、山札破壊を行っていく。言うなれば、アイアントLOに近い『攻めるデッキ』である。

 要するに、相手の行動によってロックが崩れる影響が少ないフラージェスドールは、積極的に山札破壊を行う必要がないためその速度は遅くなり、相手の行動に影響を強く受けるピジョコンは、相手の選択肢を減らす、ロングゲームになり相手の行動数を減らすという2つの意味で山札破壊を行うため、山札破壊の速度は自然と速くなる。

 また、日本レギュレーションでは1試合1セット25分であるのに対し、世界レギュレーションは1試合3セット50分であるため、山札破壊の速度はあまり関係がない(どちらのデッキにしても、1セット目を落とした場合は勝利することが困難である)。

 

・感想

 個人的には、フラージェスドールは、ピジョコンよりも優れていると思う。デッキタイプが違うとはいえ、相手の山札切れによって勝利するというコンセプトが同じである以上、相手の行動によってロックが崩れづらい点は非常に評価できる。フラージェスが2進化であるという点は少し気になる点ではあるが、ダイゴの決断やジラーチによるサーチが優秀であること、フラージェスが1体ベンチに用意できればふしぎなアメを回収できるようになり次のフラージェスへ繋がりやすくなることもあり思っていたほどのデメリットは感じられなかった。むしろ、進化させられるかではなく、初手にどれだけ展開できるかが問題であると感じた。これはどちらのデッキにも言えることである。

 また、ダメカンばら撒き(主にデオキシス&エーフィ)、ベンチ狙撃に対する耐性が高めである点も評価できる。どちらのデッキも空の柱等で対策しているがピジョンフラージェスのHPの差は無視できない。フラージェスのHPは120であり、追加エネ込みのクロスディビジョンであっても2体以上同時にフラージェスが倒されることはない。さらにロックパーツが少ないため、空の柱やミュウなどを多めに採用できることによる恩恵も大きい。

 しかし、フラージェスドールはカスタムキャッチャーやフィオネキュウコンなどには弱い。ピジョコンの場合はハンデスを行うためこれらは脅威となりづらいが、手札に干渉しないフラージェスドールでは脅威となりうる。カスタムキャッチャーはほとんど採用されないが、フィオネは三神ケルディオキュウコンはレシリザとメジャーに採用されているカードである。その対策である隠密フードは、4枚採用するのが望ましいだろう。大分楽になる。

 やる事が明確であるため、いじりようがなさそうなデッキであるが、疑問点のとしてミカルゲの有無がある。本レシピは、International Sao Paulo 5位の Ondrej Skubal氏のものだが、使用していてもイマイチ採用理由がわからなかった。知っている方がいれば教えていただきたい。

 さらに、先述したとおりロックパーツが少なくデッキ枠にゆとりがあるためか、本レシピに採用されていないカードが採用されている場合も多い。たとえばメブキジカヌメラソーナンス等である(詳しくはLimitlessを参照)。これらのカードの是非は、今後使ってみて考えてみていきたい。ピジョンコントロールについても以前として結果を残しているため、注目いていきたい。

 世界レギュレーションは、フォーマット、時間制限などが日本と異なることで、所謂コントロールデッキが環境で幅をきかせることがしばしばある。わざわざPTCGOをプレイしているのだから、皆さんにもコントロールデッキを使ってみていただきたい。

 

【PTCGO/ポケカオンライン】海外スタンダード(UlP~CoE期:11月)デッキまとめ

 注意

海外スタンダード対応(≒日本でいうAレギュ落ち)です。Tierは、入賞数等を参考に独断で付けています。Limitless見ればいい

 Tier1

ミュウ&ミュウツー TAG GX

通常型

f:id:UishiRo:20191123191930p:plain

デッキコード:xKcKK-h5zL5w-8xKDxx

f:id:UishiRo:20191210192125p:plain

デッキコード:MEMpMy-gWWryf-33ypMM 8th Place Daytona Beach, FL Regional 2019
炎軸

▼サンプルレシピ

f:id:UishiRo:20191128221654p:plain

デッキコード:n6L9nL-25kWH8-NHiLnL

アルセウスディアルガパルキア TAG GX

三神ケルディオ

▼サンプルレシピ

f:id:UishiRo:20191210190345p:plain

デッキコード:DcKxxc-qEIQ7v-D4xKx8

f:id:UishiRo:20191210185829p:plain

デッキコード:xxxJcK-EiGYl5-4YaxD8 2nd Place Daytona Beach, FL Regional 2019
ブルー型ADP

▼サンプルレシピ

f:id:UishiRo:20191128213434p:plain

デッキコード:nNnHNi-LQkwTQ-L6L9LL

 Tier2

ギラティナカラマネロ

▼サンプルレシピ

f:id:UishiRo:20191207215806p:plain

デッキコード:kVkVbv-K4n4Pm-fdVkFw

f:id:UishiRo:20191210191129p:plain

デッキコード:axxx8x-N1x7P7-xKYccK 3rd Place Daytona Beach, FL Regional 2019

ピジョンコントロール

▼サンプルレシピ

f:id:UishiRo:20191128220702p:plain

デッキコード:wkVk1k-6NePch-Fw5VVb

f:id:UishiRo:20191210192942p:plain

デッキコード:33yyMy-bhTvoK-yMM3Mp 12th Place Daytona Beach, FL Regional 2019

ズガドーンピジョン

▼サンプルレシピ

f:id:UishiRo:20191128215529p:plain

デッキコード:LnLiQL-enGvNl-6QLLn9

f:id:UishiRo:20191210201751p:plain

デッキコード:88JxKK-pcmIUY-cxDcxx 28th Place Daytona Beach, FL Regional 2019

フラージェスドール

▼サンプルレシピ

f:id:UishiRo:20191123204553p:plain

デッキコード:nHNnNL-8a4o46-gQ6QLL

f:id:UishiRo:20191210191637p:plain

デッキコード:8xxKKx-RBCSIN-8Gxcx8 4th Place Daytona Beach, FL Regional 2019

レシラム&リザードン TAG GX

▼サンプルレシピ

f:id:UishiRo:20191123190053p:plain

デッキコード:4KDKcx-Kgd5gH-cc8xxx

f:id:UishiRo:20191210193311p:plain

デッキコード:XSMyp3-rvm727-3MyMMp 15th Place Daytona Beach, FL Regional 2019

Tier3

サーナイトニンフィア TAG GX

▼サンプルレシピ

f:id:UishiRo:20191128222706p:plain

デッキコード:nLLinn-BfhRJg-9nLn6Q

f:id:UishiRo:20191210184946p:plain

デッキコード:1VVV5k-g1UGCt-VVwwFw 1st Place Daytona Beach, FL Regional 2019

ピカチュウゼクロム TAG GX

▼サンプルレシピ

f:id:UishiRo:20191207221137p:plain

デッキコード:x88xDc-KJZkA6-c84JKx

f:id:UishiRo:20191210194511p:plain

デッキコード:8KxxYc-5nSPJ9-4Kx4x4 18th Place Daytona Beach, FL Regional 2019

ズガドーGX & アーゴヨン

▼サンプルレシピ

f:id:UishiRo:20191123200238p:plain

デッキコード:8c88Dc-DApP6b-xx8K8x

f:id:UishiRo:20191210193805p:plain

デッキコード:E3M3Sp-XeUT3P-MXMpyM 17th Place Daytona Beach, FL Regional 2019

Tier4

リザードン&テールナー TAG GX

▼サンプルレシピ

f:id:UishiRo:20191207215006p:plain

デッキコード:HnLLL6-tOwdpz-ngPnL6

  アーゴヨンアクジキング TAG GX

▼サンプルレシピ

f:id:UishiRo:20191207214227p:plain

デッキコード:3M2yEp-YJ0j3X-E2yMpM

ガブリアスギラティナ TAG GX

▼サンプルレシピ

f:id:UishiRo:20191128211245p:plain

デッキコード:UMMyS3-5HlD4h-MyMMMy

f:id:UishiRo:20191210195909p:plain

デッキコード:x8K4cY-aG9LAu-xaKxx4 25th Place Daytona Beach, FL Regional 2019

ウルトラネクロズマGX

▼サンプルレシピ

f:id:UishiRo:20191210201106p:plain

デッキコード:ccx88K-uAiv2A-xKc8xa 22nd Place Daytona Beach, FL Regional 2019

ヌオー&シルヴァディGX

▼サンプルレシピ

f:id:UishiRo:20191207220457p:plain

デッキコード:DJ8c8c-9bmfUB-xx8KGD

ヌオー&アーゴヨン

▼サンプルレシピ

f:id:UishiRo:20191207222119p:plain

デッキコード:LnPnnn-ywzDUj-6nLLgg

 

 

 

 

 

ピジョンLOを使ってみて(Standard:URP~COM)

注意

海外スタンダード対応(≒日本でいうAレギュ落ち)です。

▼デッキレシピ

デッキコード:RMSySM-nKDFHH-M3MyM3

1.何故エンニュートではなく、ピジョンなのか

アローラロコン(みちしるべ)が既にスタン落ちしてる。

 アローラロコン(みちしるべ)に限らず、ハイパーボール等がスタン落ちしている現スタンダード環境において、エンニュートを確実に手札に加える方法は、ポケモン通信ぐらいなものです。これは、エンニュートLOのようなデッキには致命的です。盤面が整う前に勝負がついてしまうこと、有用な壁役となり得るポケモンが存在しないことなどの問題がでてきてしまいます。

②炎エネルギーが邪魔。

 確かに、炎エネルギーを1枚捨てるだけで3枚もドローできるエンニュートの特性『あぶりだす』は、ピジョンの『エアメール』よりも優秀、強力な特性です。しかし、炎エネルギー単体では役に立たないうえ、それらにデッキ枠をある程度割かなければいけなくなります。そうなると事故の原因や、メタカードの採用を見送ったり、サイド落ちを考慮した枚数だけカードを採用出来なくなったり(最低限の枚数でやりくりしなければならない)してしまうでしょう。

③ウツギ博士のレクチャーで進化ラインが揃う。

 HP60のヤトウモリが存在するためエンニュートLOとでもウツギ博士のレクチャーは、採用され初手の展開に用いられます。しかし、メインである進化後のエンニュートは手札に加えることが出来ません。また、仮に新カードであるしんかのおこうが使えるとしてもアローラロコン(みちしるべ)のようにノーコストで手札に加えることが出来るわけでもないので、現スタンダードにおいて手間、コストが少なく盤面を整えられるピジョンの方が優秀といえるでしょう。

要するに……

 ドロー力はエンニュートのの方が優秀だが、不純物(事故要素)が多かったり、ほぼ必須のカードがスタン落ちしていたりと、総合的に見るとピジョンが上。

 

2.各カードの採用理由

メタモン

第5のポッポ。

・ポッポ - ピジョン(4 - 4)

言うことなし。

ヤレユータン

言うことなし。

ジラーチ

優秀な壁役。当初は、ジラーチ抜きで使用していたが、ポケギアだけでは初手からウツギ博士に繋がらないことが多くあり採用。

フリーザーGX

取り敢えず採用。使う場面は、当然存在しているし、必要だとは思っているが環境デッキとの経験不足や使用頻度の低さから要らないのでは?と思っている。備えあればなんとか枠。

・ダート自転車

消極的に決めた枠。アンノーン(HAND)ではなく、ハンデスからのジュジュハチがフィニッシャーのため、防御札?をそこまで採用する必要がないと思い、かさましとして採用。

・ざくざくピッケル

ハメ○すため。

・クラッシュハンマー

技や逃げるためのエネルギーを破壊してハメ○す。裏表に期待はしていない。

・カスタムキャッチャー

一度使えばだいたい何とかなるが、何回か使いたい時やサイド落ちを考慮して3枚。

・ともだちてちょう

グラジオもなく、サイド落ちしたらどうしようもないので2枚。それでも落ちたら知らん。

・ポケギア3.0

言うことなし。

・リセットスタンプ

ハンデスのため。

・ジュジュべ&ハチクマン

フィニッシャー。

・シロナ&カトレア

後から調整しようと思い、取りあえず2枚採用してみたらちょうど良かった。ドローが付いていること、一度に2枚も回収したいことが特になかったためルザミーネではなくコッチ。ダンシングデブ要素が事故ったときなどの助けに。

ザオボー

使うと言えば使うかな枠。フリーザーGXと同様。

・ムサシとコジロー

勝ち筋。リセットスタンプと合わせて使うと強い(ロスト・ソウル感)。

マチスの作戦

言うことなし。

・ウツギ博士のレクチャー

ピジョンラインが揃う。

・メイ

後続のジラーチ、ヤレウータン、サポートを持ってくる。

・フウとラン

相手のアブソルの特性『あくのはき』で逃げられなくなると困るから。あと5枚ドロー付いているのは、最低限だが優秀。

無人発電所

ミュウミュウなど強力なポケモンを無力化。デデンネGXも無人発電所下では、回答札にならない。

・そらのはしら

ベンチにボルトロス、バトル場にトルネロスで蹂躙されたから。

・リサイクルエネルギー

実質逃げ0

・基本水エネルギー

53万のため。

 

3.採用候補

・マーズ

ハンデス後にザクザクピッケルでトップ操作を行うが、「1ターン目溶接工をトップに、2ターン目、他がドロソ(シロナ等)のため渋々炎エネルギーをトップにしなければいけない」のような2枚以降の組み合わせによってはロック状態を打破される危険があるため採用しても良いかなと。ロックが続けばジュジュハチクでの掘削スピードは遅くても構わないので。

ポケモンだいすきクラブ

ウツギ博士のレクチャー4枚ではもの足りないなら。

エスケープボード

アブソル対策。

・アブソル

ミラー等々。

マタドガス

なくはない。

 

3.最後に()

書きたくなって書いたが、エンニュートピジョンの差など他記事と被らないようにするのが無理だったし、戦い方も周知だし(省いた)、前環境のピジョンをジュジュハチクに対応させただけでそこまで(デッキを)深く考えてなかったし、途中で面倒になるし、しっかり書ききるのは難しいなと。

だから、n○teでk……

 

 

 

PTCGO Store という選択肢はアリかナシか

 ・はじめに

 元来僕は、PTCGOにおけるパック、カード(所謂資産)の集め方はトレードでじっくりと集めていくものだと思っていたし、初心者の場合はTheme 戦でチケットやトークンを集めてトーナメントに参加しパックを入手、そしてトレードという流れを踏むのが正攻法であると思っていました。

 しかし、この方法が万人受けするものは限りません。少し前に公式の宣伝、広告やYoutuber と言われる方たちの効果もあり、ポケカブームが巻き起こり、PTCGOに新規で始める方たちが幾分か増えました。そういった層や身近に機会や場がなためにPTCGOを始めた方にとっては前述の方法は手間を覚えるだろうし、”ポケカを楽しむ”感覚を感じさせないであると思います。

 そうなってくるとPTCGOのコードをRMTで入手する方法は、悪くない選択肢と言えるでしょう。なので今回は、PTCGOのコード販売を手掛けている『PTCGO Store』を見ていきます。

前提:おそらく多くの方が、RMTをする上で最も気にされることは安全性信頼性だとは思いますが、Amzonやメルカリなども長く続いているからこそ信頼感を感じますが、依然として詐欺まがいのことを行う人はいます。そのため、今回の記事は単純に PTCGO Store とその他の違いを比べてみたものと認識して下さい。

 

日本におけるPTCGOコード(パック)販売、eBayとの

比較

  僕が知っている限りでは、メルカリ、Game Trade、一部のカードショップあたりが日本人→日本人のコード販売ではメジャーでしょう。

メルカリ、Game Trade、カードショップとPTCGO Storeを比較してみて、まず思った事は品数、種類の充実度の違いです。メルカリ、Game Tradeは個人で行うものですし、何より日本人が売り手ですから、いくらゲーム内トレードに熱心でもパック数や酒類のは限りが出てきます。そして、おそらく何かのついででコード入手しているだろうカードショップはそもそも論外な気もします。それに比べるとPTCGO Storeがいかに充実しているかわかります。

f:id:UishiRo:20191104124010p:plain

種類の方も多く、BE時代からのパックだけではなく、プロモ系のコードや缶Boxやデッキのコードも販売されています。

f:id:UishiRo:20191104124345p:plainf:id:UishiRo:20191104124707p:plain

特に、プロモやデッキのコードを取り扱っている点はとても評価しているところです。ゲーム内でも入手はできますが、やはり面倒であること、各種1つ目のデッキは開封されてしまう仕様もあいまってデッキのままコレクションしておきたい方にとって一度に数を集められるのは非常にメリットであると思います。

 また、価格についてはebayよりはリーズナブル?と言えると思います。Game Trade とほぼ変わらないといったところです。Game Tradeの出品者の違いによります。

 支払い方法は、PTCGO Store:PayPal、G pay、クレジットカード Game Trade:コンビニ決済、銀行引き落とし、クレジットカード、ペイジーです。

 単純にPTCGOを始めたいからコードを買おうとしている人にとっては売り手が日本人で、支払方法の幅のあるGame Tradeが気軽に使えるでしょうね。やはり、日本人をメインターゲットにしているGame Tradeとはこういった利点で差がでます。また、Game Tradeでは個人が欲しいカードを要望し、売り手が提供するシステムが見られました。普段、トレードをしている身からすると個人で要望を出すとパック換算の値段だと割り高に見え、損と思ってしまいすが、コミュニケーションがしっかりと行えるのは少なくないメリットなのかもしれません。

 因みに商品の受け渡し方法は、PTCGO Storeはe-mailで、Game Tradeではゲーム内プライベートトレードでの受け渡しです。

 

結論

・ebayよりは良いサイトである。

・種類、品数ではトップ。コアな層には大うけかも。

・初心者には、種数は必要ないので、日本人が出品者、支払方法などの点でGame  

 Tradeに軍配。

・用途に応じて使い分ければ?

 こんな感じですかね。僕は、缶、プロモなんかをまとまった数売っているのが新鮮でかなり評価していたのでPTCGO Storeの評価もある程度高かったのですが、ライトユーザーの視点や価格等を考えていくとGame Tradeで十分な気がしました(どっちも使ったことないんですけどね)。Game Tradeには、数名の方しか出品していないので店を構えたら案外イケるのかもしれません、需要がそこまであるかは疑問ですが。

 

【PTCGO/ポケカオンライン】海外スタンダード(UlP~UnM期)デッキまとめ

・ミュウ&ミュウツー TAG TEAM GX

▼サンプルレシピ

デッキコード:LHiQ6Q-gTjnRc-NHLLLg

 

ピカチュウゼクロム TAG TEAM GX

▼サンプルレシピ

デッキコード:c84KaK-OKShfO-8xca8x

 

ジラーチ型レシラム&リザードン TAG  TEAM GX

▼サンプルレシピ

デッキコード:EyMMp2-VcLMnH-3MX2MX

 

・ブルー型レシラム&リザードン TAG  

 TEAM GX

▼サンプルレシピ

デッキコード:LHHgLL-oCc45E-6LgHHH

 

サーナイトニンフィア TAG TEAM GX

▼サンプルレシピ

デッキコード:Vv5V51-MpUl5e-VvVVwF

 

ルカリオ&メルメタル TAG TEAM GX

▼サンプルレシピ

デッキコード:4xxxc8-DTa9uW-KGx48x

 

ガブリアスギラティナ TAG TEAM GX

▼サンプルレシピ

デッキコード:p23pEM-6nHvfd-pR2UME

 

 

 

 

 

Export to PTCGO

****** Pokémon Trading Card Game Deck List ******

##Pokémon - 17

* 2 Garchomp & Giratina-GX UNM 228
* 3 Jirachi PR-SM 161
* 2 Giratina PR-SM 151
* 4 Inkay FLI 50
* 2 Mew UNB 76
* 4 Malamar PR-SM 117

##Trainer Cards - 33

* 3 Viridian Forest UNM 256
* 4 Pokémon Communication TEU 196
* 1 Adventure Bag LOT 228
* 2 Judge LOT 209
* 4 Acro Bike CES 123
* 4 Lillie UPR 151
* 4 Cynthia UPR 148
* 2 Escape Board UPR 167
* 2 Switch SUM 160
* 4 Mysterious Treasure FLI 145
* 3 Spell Tag LOT 235

##Energy - 10

* 3 Fighting Energy GEN 80
* 7 Psychic Energy XYEnergy 8

Total Cards - 60

****** Deck List Generated by the Pokémon TCG Online www.pokemon.com/TCGO ******


 

 

 

 

 

ズガドーンGX / アーゴヨン

▼サンプルレシピ

デッキコード:HLHLgL-vElTZW-HLNQg6

 

ウルトラネクロズマGX

 ▼サンプルレシピ

 デッキコード:L6HgLH-hFBLKi-LNQPLL

 

・サイキックボックス(ギラマネロ)

▼サンプルレシピ

デッキコード:5kw1Fd-8FcQaO-VfVF5k 

 

 

 

 

 

Export to PTCGO

****** Pokémon Trading Card Game Deck List ******

##Pokémon - 20

* 1 Ditto {*} LOT 154
* 1 Dedenne-GX UNB 57
* 4 Jirachi PR-SM 161
* 1 Espeon & Deoxys-GX UNM 72
* 1 Espurr UNB 79
* 2 Giratina PR-SM 151
* 4 Inkay FLI 50
* 1 Mew UNB 76
* 1 Mimikyu PR-SM 99
* 4 Malamar PR-SM 117

##Trainer Cards - 31

* 2 Escape Board UPR 167
* 4 Spell Tag LOT 235
* 2 Switch SUM 160
* 4 Cynthia UPR 119
* 4 Lillie UPR 151
* 4 Pokémon Communication TEU 196
* 3 Viridian Forest TEU 156
* 4 Mysterious Treasure FLI 145
* 4 Acro Bike CES 123

##Energy - 9

* 9 Psychic Energy XYEnergy 8

Total Cards - 60

****** Deck List Generated by the Pokémon TCG Online www.pokemon.com/TCGO ******


 

 

 

 

 

プテラGX / アバゴーラ

▼サンプルレシピ

デッキコード:SMMSpM-oM8a1Q-MM2yM3

 

プテラ / ユキメノコ

▼サンプルレシピ

デッキコード:LL6g6H-4lf8m3-QNLLQQ

 

・ダークツールボックス

▼サンプルレシピ

デッキコード:

ピジョンコントロール

▼サンプルレシピ

デッキコード:L6gLLL-i7v3Xy-HgNLHN

 

・ヌオー/ アーゴヨン

 ▼サンプルレシピ

 デッキコード:M2MM3M-4FXHBg-p2SpSS