ポケカのはとば

PTCGO(ポケモンカードオンライン)、海外ポケカについてのブログです。

アルフの遺跡からこんにちは(DAMAGE アンノーン)

f:id:UishiRo:20181104200756p:plain

f:id:UishiRo:20181104200834p:plain

 先日、PTCGOにて新弾 Lost Thunder が実装されましたね。今回は新弾で収録されたカードを採用したデッキのご紹介です。

 どんなデッキかはレシピを見ていただければ一目瞭然ですね。そう『アンノーン(DAMAGE)』

f:id:UishiRo:20181104201551j:plain

Lost Thunderで収録された特殊勝利アンノーンの1匹ですね。ランクルスマニューラクレッフィとマグマ団の秘密基地で永遠とダメカンを貯め続けて勝利を狙うシンプルなデッキです。それでは各カードの解説をしていきます。

f:id:UishiRo:20181104202012j:plain

特性へんしんのメタモンです。このカードは各システムポケモンのたねをかさまし要因です。少ないたねをそれぞれ増やすよりも、どのたねポケモンにもなりえるこの子は非常に柔軟性があり使いやすいです。ただ、一つ注意点があり、このメタモンの特性を使い後述するメタモン◇を出すとPTCGOがエラーを吐きゲームを閉じなけれいけないバグが発生します。コンシードもできません。(2018年11月4日現在)

このバグはこのデッキにとって致命的になりえます。メタモン◇は1進化システムになることのできるカードであり、各たねが少ないため1種のたねが全てサイド落ちしてしまった場合に負け筋が生まれ、早い段階で拾えていたはずの勝ち筋を見逃さなければいけなくなります。全世界に多数いるアンノーン使いのためにも早期の修正が望まれます。

f:id:UishiRo:20181104203420j:plain

 デッキ枠削減に一役買ってくれているメタモン◇、説明は不要ですね。気を付けるべき点は前述のバグと飴からランクルスに進化できないことでしょうか。

f:id:UishiRo:20181104203712p:plain

 キーカードその1、マニューラ

 特性『ひっぺがす』をつかってクレッフィを使い回します。同じ効果の特性『ツールリバース』を持つアメモースでも代用は可能ですがダメカンを貯め込む関係上HPのマニューラが良いでしょう。マッシブーンのジェットパンチで弱点を突かれますが、そもそもユニランが30点狙撃で気絶するので気にする必要はないでしょう。

f:id:UishiRo:20181104204310p:plain

 キーカードその2、ランクルス

 特性『ダメージスワップ』により、クレッフィに乗ったダメカンを他のポケモンに移します。ヨノワールの特性やテテフの下技の場合は気絶したポケモンからもダメカンを移動できますが、ランクルスの場合、ダメカンを乗せてしまうとそのまま気絶してしまい、再度ダメカンを移動させて気絶を無かったことにすることができないので操作ガバには注意が必要です(n敗)。

f:id:UishiRo:20181104204912p:plain

 キーカードその3、クレッフィ

 特性『ワンダーロック』によりポケモンのどうぐとして扱えます。ベンチ登場時に秘密基地でダメカンを乗せ、それをランクルスで移動し特性を発動して適当なポケモンにブレイヴ、マニューラで回収のループを繰り替えし必要数のダメカンを貯めます。

f:id:UishiRo:20181104205353p:plain

 キーカードその4、マグマ団の秘密基地

 クレッフィにダメカンを乗せる、以上。

f:id:UishiRo:20181104205611p:plain

 新弾登場のアローラキュウコンGX

 特性『ふしぎなみちびき』による飴サーチが主な役割。システムポケモンが全てレベルボール対応なので間接的にポケモンサーチもこなす。必要なカードを好きなように持ってこられるのは強い。耐久が200あるためダメカン貯蔵庫にもなる。加えて、進化前のアロコンの『みちしるべ』も優秀で最速ムーブができないときの安定感アップに一役かう。

f:id:UishiRo:20181104210139p:plain

 苦手な相手対策枠 ルチャブル

 このデッキはオーロットがどうしようもないのでグッズロックを解除するために採用されている。ただ相手からした場合オーロット以外のポケモンを出さなければよい話で、こちらもあらかじめルチャブルを手札に用意する必要があり、Nで流された場合はどうしようもない。PTCGOにおいてはオーロットは無理な相手と割り切ってもよいと思います。ただ、一応勝ち筋はありますよってことです。

f:id:UishiRo:20181104210628p:plain

 苦手な相手対策枠 ガラガラ

 ブルパンされたら負けなので。進化元はメタモン◇のみなのでサイド落ちした場合は素直にコンシしましょう。ルチャブル同様に無理と割り切ってしまってもよいと思います。ただ、最近のエクスパゾロの相方にゲロゲが多いため、ルチャブルよりは必要度高めか。

【総括】

 やることは単純なので回し方は割愛します。おおむね、以下のような盤面になります。

f:id:UishiRo:20181104211110p:plain

所謂ソリティアデッキのため好みは分かれると思いますが、特段集めづらいカードもないですから、一度回してみると良いかもしれません。ちなみに一試合に24、5分掛かりますからイベントトナメでの使用(勝利)は時間制限から出来ませんのであしからず。

SRランクルスや秘密基地をいくらか抱えているので皆で使って値上げさせてください、なんでもはしません。

今期スタンダードにおけるサルコケコ総括(Sun & Moon ~ Dragon Majesty)

f:id:UishiRo:20180929185316p:plain

f:id:UishiRo:20180929185401p:plain

f:id:UishiRo:20180929185432p:plain

(上:一番良く使っているタイプ 下:UMAお試し)

・サルライン1-3と2-2

 1-3の場合はサーナイトメタグロスのデカ物GXまで火力が届く。また、弱点保険入りのゾロアークや1進化GXを処理しやすい。

 2-2の場合は安定感があり、サルで継続的に殴り続けやすい。

僕の場合(このデッキの立ち回り的に?)、1-3の方がメリットが大きいと感じた。

UMAについて

 マッシダストへの対抗策。ペアでなければ目立った活躍ができないので2-2ぐらいいれたいが、他のデッキに対して使い道が少ないのでう~んと言った感じ。このデッキで99%勝ち目がないBeast Boxのアーゴヨンに対してかなり強いがBB自体数が少ないのでそこまでしてメタる必要があるかは疑問。

 ようするにサルコケコが苦手なデッキ(マッシダスト、BB)には強いが他のデッキに対しては弱く、使うにしても枚数を増やさないと安定しせず、枚数を増やすと前述したデメリットがより目立ってしまう。

 UMAがないとBBは無理な相手だがマッシダストはシェイミの存在もあり、五分ほどは戦える相手であることが採用を渋らせる理由でもある。

※途中でめんどくさくなったので続きは暇なときにかきます。気になることがあれば直接聞いて頂ければ幸いです(ブログ更新のために書いているだけなので……)。

 

 

PTCGO大会 ハトバの集い10月版

開催日

10/6 (土) 20:00~ Format : Standard

10/20 (土) 20:00~ Format : Standard

優勝:CS 10p

参加賞:CS1p

適当にトレードをやっていても賞品用パックが集まりモチベーションに影響がなかったので減らそうかと。暇だったらExpanded、Legacyあたりもやろうかと。

以下ルール

【PTCGO大会】 ハトバの集い

フォーマット:スタンダード(Sun & Moon ~ Celestial Storm)

人数:16名

日時・場所:X月Y日 20:00~
      ニコ生(コミュ:夜のハトバ)
      10分前に出欠を取ります。また運営進行もニコ生で行います。

賞品:優勝 CS 10p 参加 ? 
   ※今後もコンスタントに行いたいのでしょっぱいかも。僕の儲け次第。

対戦ルール:スイスドロー1本勝負(25分)全4回戦(最大)試合間5分

      時間切れの場合はサイド差で勝敗決め。同数の場合は引き分け。
      勝ち点…勝ち3点 引き分け1点 負け0点

      回線切れ…直ぐに復帰できなければ切れた側の負け。

      遅刻等で試合に間に合わなかった場合でも次の試合から参加可能。

反則事項:①フォーマット外のカード使用 ②遅延行為
     ③複数のデッキ使用

     ①が見られた場合はスクショ等で報告お願いします。その場合、
     違反者は敗北となります。
     ②、③は面倒なので止めてください。


参加方法:TwitterにてDM等でご連絡下さい。またはizajin。
     同時にPTCGOのSNをご提示ください。

 

Standard(SM)におけるゾロアークバリエーション

【1】ルガルガンゾロアーク

f:id:UishiRo:20180908204020p:plain

f:id:UishiRo:20180908204216p:plain

f:id:UishiRo:20180908204607p:plain

f:id:UishiRo:20180908204702p:plain

※上:デデンネなし 下:デデンネあり

【2】ゾロアークダストダス

f:id:UishiRo:20180908205358p:plain

【3】ゾロアークグソクムシャ

f:id:UishiRo:20180908210014p:plain

f:id:UishiRo:20180908210108p:plain

上記3つが環境に顔見せる(通用する)ゾロアークデッキ

【その他】

・ゾロ天狗

f:id:UishiRo:20180908210700p:plain

以下面倒(SR未所持)なためレシピ割愛

ゾロアークサーナイト

ゾロアークマニューラ

ゾロアークジュナイパー

ゾロアークグレイシア

ゾロアークゲッコウガ

    ・

    ・

    ・

などなど

ゾロアーク自体の性能が高く優秀なため、ニコタマ対応なポケモンであれば誰とでもタッグを組め、デッキとして形になるので切りがない(強いかどうかは別として)。

その他で挙げたデッキは僕がVS戦をしていてもほとんど見かけません。強さを優先するなら上3つ。

ちなみに大好き派かぼんぐり派かと聞かれたらぼんぐり派。

 

サルコケコのすゝめ

f:id:UishiRo:20180905195855p:plain

 

【各カード採用理由】

・妖テテフ

 はじめは1枚だったが元から有利を取れるレックガノンをより簡単に処理できること、中盤から下技を使う場面もありサイド落ちを考慮し2枚に。

ナゲツケサル(2-2)

 ゾロアークだけを見るならチームプレイ4でも良いが、他の進化GX、進化ポケに対する火力が欲しいので2-2で。

・コケコ

 序盤からダメカンをばら撒きたいので4枚で。

・ダート自転車

 ジャッジマンを多く使うので圧縮も兼ねつつ、少ないエネや祠を引き込むために使う。優秀。

・カウンターキャッチャー

 お好み枠。相手ベンチの重いシステムポケモンを縛り、コケコでばら撒く回数を増やす。次ターンに逃げられた場合でもエネなりカード使わせているので良し、1ターンでも動きを縛ることができれば、実質120点ばら撒くカードに。グズマを使われた場合も相手は後にこちらは前にポケモンがいるためエネ持ちが生き残る可能性も高いため良い。必要ない場合はハイボやダートで破棄してしまえばよい。非常に小回りの利く1枚。

・エネくじ

 序盤は使えるエネがニコタマがけであり、確実に引き込みたいため。

・ネストボール

 ハイパーボールの上位互換。ハイボ3枚であるのは切りたいカードがほとんどないため。ただ、リーリエとの兼ね合い等を考えるとハイボ3枚は必要。

・ストレッチャー

 3匹を永遠と使いまわす。当然4投。1枚回収の場面でもネストがハンドにある場合は、シロナ等のドロソの質を高める意味でも山に戻す選択肢あり。

・祠

 コケコに次ぐダメージソース。当然4。

・ドロソについて

 シロナ4は確定。ものまね娘は好み、単純に枚数を稼ぐドロソでもよい。ジャッジマン4投は気になる人もいるかも。流れがキチンと作れているときは連打し、まだの場合は他を優先するため僕自身は気にならなかった。リーリエ3投は他のデッキでは無しだがこのデッキではあり。手札消費もそこそこ激しく、エネをハンドにキープしておきたいことも多いため3枚採用。まあ好み。

・エネ配分

 カウンター4、ニコタマ4は当然確定。ユニットFDFも2枚でよい。以前はベイビーマッシ+ディアンシー◇のセットがありよく使った。そのラインを抜いたので減らしてもよいかと考えたが、レック用のテテフを増やしたこと、逃げエネが1か0で統一されたので単純に逃げコストとしての役割も持てることを考慮し2枚で続投。ダッシュボード採用も考えたが必要な場面がほとんどないので無しでよいかと。

 

【総括】

 僕の中では現環境最強。というかとても好み。不利なデッキはツンデ2体でコケコを無力化するBBと祠マッシダスト。後者はエネをフルで活用するように立ち回る。例えば、カウンター発揮のため倒せる場面でもテテフ、サルの上技、コケコであえて火力を出さずに盤面にダメカンを貯め、テテフの下技で一掃するなど。このマッチアップはサイドレースがどうのではなく、エネがもつかどうかの試合。前者は祠で頑張るしかないがウルトラスペースで剥がされるため一番しんどいかも。幸い、どちらも現環境では極少数のデッキのため気にしすぎてもしょうがない、対策にリソースを割くのも無駄。環境デッキに薄くなっては本末転倒。当たった場合は地雷を踏んだと思って頑張りましょう(少なくとも後者は立ち回りで何とかなります)。

 

 本当に安くて滅茶苦茶強い。あー強い。コケコ4で4p、その他まとめて1p合計5pあれば組めるかと。

PTCGO大会 ハトバの集いについて

基本的ルールは以下のとおり

フォーマット:?

人数:16名

日時・場所:X月Y日 20:00~
      ニコ生(コミュ:夜のハトバ)
      10分前に出欠を取ります。また運営進行もニコ生で行います。

賞品:優勝 CS 10p 参加 ? 
   ※今後もコンスタントに行いたいのでしょっぱいかも。僕の儲け次第。

対戦ルール:スイスドロー1本勝負(25分)全4回戦(最大)試合間5分

      時間切れの場合はサイド差で勝敗決め。同数の場合は引き分け。
      勝ち点…勝ち3点 引き分け1点 負け0点

      回線切れ…直ぐに復帰できなければ切れた側の負け。

      遅刻等で試合に間に合わなかった場合でも次の試合から参加可能。

反則事項:①フォーマット外のカード使用 ②遅延行為
     ③複数のデッキ使用

     ①が見られた場合はスクショ等で報告お願いします。その場合、
     違反者は敗北となります。
     ②、③は面倒なので止めてください。

配信、動画等による公開:
大会としては禁止しませんが、トラブル防止のため対戦相手にあらかじめ了承
を頂いておいて下さい。(参加申請時に可、不可を教えて頂けると当日一覧に
載せられます)

参加方法:TwitterにてDM等でご連絡下さい。またはizajin。
     同時にPTCGOのSNをご提示ください。

補足事項:大会内容の変更等はTwitterにて連絡します。
     当日まで枠があれば参加可能です。

 

参加日程【9月】

第2回 9月1日(土) フォーマット:Standard

 

第3回 9月7日(金) フォーマット:Expanded

 

第4回 9月15日(土) フォーマット:Standard

 

第5回 9月23日(日) フォーマット:Expanded

 

※上記の日程で予定していますが変更等はあり得ます。変更する場合はこのページやTwitterにて報告します。また、なるべく早く大会日程を決めたいのですが、私の都合もあり、遅れる場合もあることはご了承ください。

参加募集のアナウンスはTwitterにて行いますが、最新の日程のみです(izajinでの募集も同様)。しかしあらかじめ連絡を頂ければ先の日程のものでも参加枠は取得可能です。

(枠が埋まることはまず無いので大丈夫だとは思います。)

Beast Box ver.Metalのすゝめ

f:id:UishiRo:20180826230152p:plain

 ※新スタンダード(Sun & Moon ~ Celestial Storm)対応

【各カードの採用理由】

フェローチェ

 このデッキの潤滑油。軽石がスタン落ちかつダッシュボードも使い辛いため、グズマや紐を使いやすくしてくれる逃げエネ0は優秀。

 

 

・黄昏ベイビー

 60点ばら撒きマン。アーゴヨンは1エネ最高120点とエネ効率は良いが、210ラインを越えてくるポケモンには打点不足が否めない(常に120点出せるとも限らない)。

そのため、相手のGXポケモンに1エネでそこそこのダメージを与えられることは優秀。滅多に使わないが下技も最後の詰めとしては使えるかも?

 

・黄昏GX

 フィニッシャー枠。ーストリングでエネ加速し、高火力GX技と下技でサイド4枚取りきる。それだけ。

 

カミツルギGX

 特殊エネを破壊が主な役割。環境によって入れ換えはするかもしれないが、他に優秀なUBがいるわけでもないので結局残留しそう(強いて言うならツンデ3枚目)。

非GXが主体のデッキ相手やもつれた試合などではGX技で試合を決めることも。

 

・ツンデGX

 UBの耐久を上げる置物。かと思いきやアタッカーだったりもする。レイGXが思っていた以上に使いやすかった。耐久上昇は優秀だが、アーゴヨンにムキムキダンベルを持たせないと恩恵は感じにくかった。

 

・あなぬけのひも、ポケモン入れ換え

 かるいし等と違い使いきりのため、合計3枚は欲しいところ。フウとラン1枚

をどちらかに変えても良いか……どちらにも良い点があるので配分は好みで。

 

・ウルトラスペース

 言わずもがな。3枚ではなく4枚必須。

 

・ネストボール

 ウルトラスペースでは足りないので。

 

アセロラ

 ダンベル、ツンデツンデで耐久の上がったアーゴヨンを使いまわす。

 

・ものまね娘

 個人的には相手依存のカードは好きではないが使いたい場面はあるので2枚。採用するとしても腐る場面が多いことから3枚以上の採用はこのデッキに限らず必要ないかと思っている。

 

・シロナ

 安定ドロソがこれぐらいなので4枚必須。

 

マーマネ

 損得だけで考えればハンサム等のほうが優れているが、他のドロソが山に手札を戻した後のドローのため、中盤以降にそれらのカードを使ったときに不要牌を引かないよう間引いたほうが良いと考え採用。

 

・フウとラン

 5枚ドローはお世辞にも強いとは言えず、最初は採用していなかった。しかし、他のドロソだけでは不足と考え採用。最悪入れ換えとしても働く。