ポケカのはとば

PTCGO(ポケモンカードオンライン)、海外ポケカについてのブログです。

Lonzoroarkのすゝめ ver Standard

f:id:UishiRo:20180712220527p:plain

f:id:UishiRo:20180712220616p:plain

International Columbusにおいて Tord Reklev選手が使用し、2位入賞を果たしたデッキレシピ

 【相方の必要性低下】

 まず、ゾロアークに相方が必要ということはゾロアークでは補えない部分があるということです(Expandedではストレートないしはロンゾロが主流であり、ルガゾロは少数なのはゾロだけでほとんどごうにかなるから)。そこで、環境デッキとの相性を見てみましょう。

 現行スタンにおける環境デッキと言えばゾロ系統、マッシルガ、マッシダスト、

超バレットの4種です。超バレットに対してはゾロアークのみでも十分に戦えますから、問題はミラーとマッシになります。

 対ミラー戦での相方の必要性はあります。ルガゾロの場合はルガルガンが相手のゾロアークに弱点を突くことができ、グソクゾロの場合はそのルガンに弱点を突くことができます。ただ、グソクムシャ自体はゾロアークに対する有効札ではありません。とすると、ルガンのケアさえできれば相方は不要であると言えます。このレシピには弱点保険が採用されており、ルガンの通常技ではゾロアークを処理できません。そもそも豊富なエネ破壊、回復札により同系にはサイドレースではなく、リソース勝負で勝ちにいくスタンスのように見えますから相方の必要性は高くないと考えます。

 対マッシ戦では相方は低いと言えます。勿論、弱点を突かれず火力がだせるルガン、グソクは優秀です。特にルガンはGX技の一発、ストエネ込みでベイビーマッシワンパンは魅力的です。しかし、現行のスタン環境におけるゾロ系統のマッシメタカードと言えばミュウEXであることは皆さんもご存じだと思います。デッキによっては2枚採用されていることもしばしばありますね。GX、ベイビーに限らずワンパンできることは非常に優秀です。ゾロアークでマッシを相手にしているとき、相方をメーンで戦うことより、ミュウEXをメーンで戦うことのほうが多いと感じたことはないでしょうか?私はしょっちゅうです。ベイビー多投となってもサイドの枚数さえ調整できればマッシに対してイージーウィンできることもあります。ルガゾロ、グソクゾロどちらにも採用されていることからもミュウEXの使い勝手の良さ、対マッシ戦における影響力の高さが伺えます。

 ただ、サイド調製したとしてもベイビー多投を相手にするのは厳しいのではと思われるでしょうが、このデッキにはその解答が存在しています。それは弱点保険と、リバースバレーです。弱点保険は対ルガンと同じく、弱点さえつかれなければ回復が間に合います。リバースバレーは悪ポケモンの打点を10増加させます。そうすると、ゾロアークのライオットビートの火力がちょうどベイビーに届きます。これは二つを上手く使うことでマッシ相手にも勝ちをつかんでいけます。

【リソースマネジメント】

 はじめ私はヤレユータンフーパ、LOメタのために採用されているのだと考えていました。実際に大会ではニンフLOに対して活躍していました。しかし、スタンにおいてこれは少数のデッキであり採用理由としては弱いのではと思っていました。そして使っているとヤレユータンの必要性がわかってきました。

 先述したようにミラー戦はサイドレースではなくリソース勝負です。これは狙っていくものではなく、自然とそうなります(ルガゾロ、グソクゾロにも回復札、改ハンは採用されいるため)。そうすると、リソースマネジメントで時のパズル2枚やニコタマ等を一度でも回収できた場合には試合の結果に大きな影響を与えます。それは私がロンゾロミラーでヤレユータンサイド落ちで逆転負けをしたときに強く感じました。ロンゾロを使う場合は採用したほうがよいでしょう。

【総括】

 スタンダードでのロンゾロはメタの一角となる力は十分に持ち合わせています。実際、International Columbusでも複数人の選手が使用してました。

 今回は既存のゾロ系統との比較を書きましたが、こんな拙い文章では使い勝手はわからないので使ってみることをおススメいます。