ポケカのはとば

PTCGO(ポケモンカードオンライン)、海外ポケカについてのブログです。

ビーゾロのすゝめ

f:id:UishiRo:20180820215819p:plain

f:id:UishiRo:20180820220104p:plain

 ついに海外での禁止改定が適用され、オカルトマニア、ゲーチス、ミツル、時のパズルがExpandedにおいて使用禁止となりました。この禁止改定で最もゾロアークに影響しているのはオカルトマニアの禁止です。Expandedにおいてウソッキー(SM1⁺‐30)を採用していないデッキは極少数のためウソッキーを無力化でき、相手を縛るオカルトマニアはゾロアークにとって非常に重要でした。

 禁止改定の情報が出てからゾロアークをロンゾロからどう変えていくべきか考え、実際にまわしてみてこの形に落ち着きました。また、このデッキを組むにあったて海外大会であるRegional Roanoke, VAにおいてJimmy O'Brien選手が使用されたレシピを参考にしました。(URL:http://limitlesstcg.com/decks/?list=1033

 

・なぜビークインを選んだか

 勿論始めはルガゾロ、ゾロダスト、ルガゾロダスト等も考えました。オカマがなくともウソッキーを処理してしまえばいいっちゃいいですからね。しかし、僕自身がルガゾロ、ゾロダストを使うのが苦手であることに加えて、ゾロミラーはルガゾロが増えるだろうと予想し非GX・EXで火力の出せるビークインを選びました。また、ダスト等と違い自身で火力調整が可能であり、スカイフィールドに依存する必要も減るためオカマでウソッキー貫通ができない弊害を気にせずに済みました。

 

・ベイビーゾロアークについて

 このレシピはマインドジャックを採用しています。なぜかと言うとミラーに強くしたかったためです。見ての通りスカフィとウソッキーが採用されていません。そのため、こちらはゾロで高火力を出すことが困難であり、相手のゾロの火力を抑えることができません。そのため、ミラーに対して影響力が少ないイカサマではなく、相手がベンチを展開してきたところに火力の出せるマインドジャックを選択しました。ただ、イカサマが欲しくもなりました(後述)。

 

・マッシ対策

 マッシ対策に採用しているカードはミュウEX、バリヤード、アズサです。ミュウEXは言わずもがなですね。バリヤードもわかる。ただ、アズサが対策カード?と思われるかもしれません。ただ、今回私はマッシ対策として位置づけています(常にベンチ展開をしたいなら2枚積む筈)。

 最大の対策カードであるミュウEXは自陣にゾロなりビークインがいなければマッシに対して打点が出せません。また、早い段階でミュウで殴りにいけないとサイドレースで勝てないためできれば先、後2ターン目にはミュウEXで殴りにいきたいです。するとゾロアミツハニーを準備する必要があります。しかし。このデッキでアズサなしで安定的にゾロアミツハニーを1ターンである程度並べるのは意外と難しく、最低でも一度はマッシに殴られ1体は処理されてしまいます。加えて、ベンチを守るバリヤードもアズサなしでゾロアミツハニーを準備しながら立てるとなると中々立ちません。

スカフィがなくゾロアークがマッシに対する打点を持ちえないこのデッキにおいてマッシにたいして最序盤の動きが確保できないことは由々しき問題と考えました。そのためのアズサ採用です。

 しかし、まだVSマッシには不安が残ります。先ほどイカサマが欲しいと言ったのはそのためです。マインドジャックでも相手ベンチ5体+ハチマキでマッシGXをワンパンできますが相手依存で少々不安です。そうすると、ゾロラインでマッシに対して打点を持てる(ただでさえワンパンされるのでワンパン仕返したい)札が存在しないことになります。そのため、恐らくベンチに出ているであろうゾロアを無駄にしないためにもイカサマ採用はありだと思います。トップメタではないソルガレオGXみたいなデカ物に対しての有効牌ともなりますし。

 

・総括

 参考レシピからの変更点等まだまだ書けることはあるのですが全部書くのは面倒のため割愛させていただきます。

 使用感として感触はかなり良かったです。もう少し煮詰められればもっと良くなると思います。

 正直な話、しっかり立ち回れる方はルガゾロを握ったほうが勝率は稼げると思います。まあ、Expandedでのゾロアークの選択肢の一つとして参考になればなと思います。